DaringAdv‘s diary

Enjoy your life, that is all you should do

MENU

{スイス編}海外で子供が生まれたら 第一弾:出生証明書をゲットする

f:id:daringAdv:20220212061559j:plain

日本大使館



こんにちは

今回から何回かに分けて海外(スイス)で子供が生まれた場合にしなけらばならない手続きについて書きます

 

 

 

我々夫婦の基本情報

スイスに住む日本人夫婦。2021年年末に第一子となる長男が誕生。

夫は博士課程学生、妻はフリーライター

 

赤子の出生証明書をゲットする

出産の後、2週間ほどで出生証明書が送られてくると大学の秘書さんにもヘバメ(ミッドワイフ)にも言われていたが全く送られてこず。

メールで移民局に聞いてみると年末に送った申請の書類の郵送が確認され次第送ると返信がありました。(因みに申請書とは書かれておらず)

 

その書類には

  1. 夫と妻の出生証明書
  2. 婚姻証明書
  3. 夫婦のパスポートのコピー
  4. 夫婦の滞在許可証のコピー

と書かれていました。

これらを用意して郵送して初めて出生証明書が貰えるらしい。

 

3と4はすぐにでも用意できますが、問題は1と2です。

子供の出生証明書が欲しいのに親の出生証明書を得る必要があります。

 

自分たちの出生証明書と婚姻証明書が必要

自分たちの出生証明書と婚姻証明書は在スイス大使館にお願いすればドイツ語で作成してもらえます。URLはこちら

その申請に必要な書類が

  1. 戸籍謄本(アポスティーユ付き)
  2. 証明書申請書
  3. パスポートのコピー
  4. 滞在許可証のコピー
  5. 郵送同意書

でした。

 

申請書は出生証明書や婚姻証明書など申請書全般のことなので一部用意し、欲しい書類のマークを付ければいいだけでした。

 

アポスティーユ付きの戸籍謄本を得るには日本の家族に手数をかけなけらばなりません。

日本の市役所で戸籍謄本を取り、それを外務省に送ってアポスティーユが付けられて返信されたのち、それをEMSでスイスに送ってもらいました。

外務省へアポスティーユを頼む際はこちらのURLを参考にどうぞ。

 

これでまず夫婦の出生証明書と婚姻証明書を在スイス日本大使館にお願いします。

証明書の場合は本人が直接出向く必要があります。

都合のいい日を設定して予約を入れてもらいます。

 

実は今日午前休暇を取ってベルンに行って書類をもらってきました

(妻の分は受け取りの際に委任状を提出し、私が受け取りました)

 

合わせて3通で33CHFでした。

 

やっと移民局へ申請

さて、赤子の出生証明書を手に入れるため、今手元に夫婦の出生証明書と婚姻証明書があるので、滞在許可証とパスポートのコピーをそれぞれ再度用意して郵送すればいいだけです。

 

コチラも今日中に郵送してしまいました。

 

少し煩わしいですが我が子の滞在許可証を得るためにはまず我が子の出生証明書を得る必要があるので仕方ありません。

 

次回は滞在許可書の申請について書きたいと思います。

 

有り難うございました。

 

追記

かなり時間がかかりましたが(三週間以上かかった)、やっと息子の出生証明書が郵送されてきました。こちらはいつ必要になるかわからないのできちんとファイリングしておきましょう。