スイス政府奨学生歓迎ディナーに行ってきた〜バーゼル生活〜

こんにちは バーゼル博士です。

寒くなってきましたね。朝と夜は冷えて息が白くなってます。 体調にはご注意ください。

一か月前ほどになりますが、スイス政府奨学金受給者が集まり夜ご飯を一緒に楽しむ夕食会がありました。 その様子をご紹介したいと思います。

場所は?

今回行われたのは Parterre Oneというクラインバーゼルにあるレストランです。 websiteはないようなのでメニューなどは見られませんが。開催場所は毎年変わるようですよ。

来場者は?

まず大学の奨学金採択学生の担当者2人、どこかの学科の教授1人がいらっしゃいました。 他は採択者(40人くらい)でした。 バックグラウンドは様々で化学科で見たことがある人は一人もいませんでした。 この夕食会は毎年行われているので今年から来た人だけでなく、大学内で奨学金を貰っている人全て参加可能です。 ちなみに私は妻と一緒に参加しました。

料理は?

まず、飲み物を聞かれました。私は赤ワインをもらい、妻は水を貰ってました。 その後前菜が来ました。揚げ餅のような触感のものとサラダでした。 メインはジャガイモのムースの上にターキーが乗った料理が運ばれてきました。これは量が結構あって妻は残したのでその分も私が戴きました。最後にデザートで、バニラアイスにチョコが乗っていました。 私たちの口には合ってましたね。 お食事中にワインのお代わりを何杯か戴きました。

この会は招待されているので私の金銭負担はありませんでした。 奨学金自体に家族手当はないので妻の分は払う必要があるのかなーと思いましたが大丈夫でした。

帰る際に教授の方と担当者の方にご挨拶をして帰宅しました。

こんな感じですね。

では来年の受給者夕食会でお会いしましょう!!

See you^^