バーゼル生活 ~1ヶ月経過~ No.3

f:id:daringAdv:20190429015020j:image

こんにちは バーゼル博士です!

前回に引き続き、スイス・バーゼルで1ヶ月暮らしてみて起きた事を書きたいと思います。

 

現代社会で生活している時、無いと不便を感じるデバイスがありますよね?

そう  携帯電話です📱。

 

特に電話番号がないと何かと不便があると思います。ですが日本で使っていた携帯電話を4年間こちらでWi-fi接続のみで使うのは無理があります。

 

そこでバーゼルで携帯の契約をすることにしました!

 

 

日本を出る前に

海外で携帯を契約するのは決めましたが日本で使っていた携帯電話の契約をどうするかが問題です。こっちに来る前にキャリアに行き相談しました。すると解約の他に一時休止という方法がありますっと言われました。

 

一時休止とは...

携帯番号とメールアドレスをキャリアに預けて解約状態できる。休止を解除するとそれらを再び利用可能になる制度。

 

メリット

番号とアドレスを帰国した際に変える必要がない。

これは大きいですよね! クレジットカードや保険などは電話番号やキャリアのアドレスを使っていることがあるためそれらを変更するのは面倒ですからね。

 

デメリット

休止開始と解除の際に約3千円の手数料がかかる点、さらに400円/monthの情報維持料金がかかる。

 

結論から言うと僕はメリットを取って一時休止を選択しました。やはり多くの契約書類に携帯番号とキャリアのメールアドレスを用いているので解約でそれらが存在しなくなるのは面倒です。将来海外で生活基盤を構える場合に解約すればいい話なので。

 

 

バーゼル到着後

やはり道がわからないのでマップが使えないと不便で仕方ありません。なので1週目の土曜日に契約をしに行きました。

こちらには主にSwisshop, Swisscom, Sunrise などが有名どころです。

僕の場合はSIMの契約をSunriseの店舗でしてAppleiPhoneを買うことにしました。他の2社よりも安かったので。

 

だいたいですがSunrise は契約手数料が40スイスフランかかりました。んで部屋にWi-fiが飛んでいたので1.5GB/monthで約16スイスフラン/monthのデータ契約にしました。月額約2000円ですね。安い。

 

その後近くのApple storeに行ってiPhone XRを購入しました。今までAndroid携帯だったので初りんご🍎でした。別に拘りはなかったのでお手頃でカッコいいと思ったやつを買いました。気に入っております。

f:id:daringAdv:20190429015038j:image

SIMを装着して必要事項を入力して使えるようになりました。

ちなみに1ヶ月使ってみて200MBくらいしか使用してないので十分かなーと思います。

 

 

これで携帯電話番号が使えるようになったのでまた一つ生活が整いました。

 

 

以上

海外で携帯を契約したという記事でした。

ぜひぜひ参考にして下さいね!

では

Have a good day !