DaringAdv‘s diary

生き様を徒然なるままに綴っています。

MENU

工事が多くて目覚まし時計がいらない

今年の3月くらいから休日が待ち遠しい。

別に仕事に飽きて大嫌いになった訳ではない。

強制的に7時起床を促されるのがないから休日がいい。

 

今年に入ってから家の前の大きな建造物の取り壊しが始まり、家の前には重機が何台も並んでいる。ビルよりも高いクレーンもある。

それが朝の7時から動き出す。

そのビルはコンクリート製で、ショベルカーでコンクリートを削り出しているが、その振動がほぼダイレクトにこっちの居住空間にまで響いてくる。

実際少し安全性に懸念があるのか、これまで2回ほど業者がアパートの検査に来て、壁や床を見ていた。

 

削り出したコンクリート片やガラス片を大型のショベルカーで、これまた大型のダンプカーに乗せる作業は勘弁してもらいたい。朝7時から地響きの嵐。

耳が休まるところを知らない。

これで家族全員が起床する。もちろん赤ん坊も。

はーい、皆さーん!朝ですよ〜! ガッシャーーーん』と言わんばかりに。

 

休日は工事は休みなので、平日の睡眠負債が祟って皆で9時まで寝られるほど。

今まで幸運な事に都市部に暮らしたことが無いから分からないが、都会はこんな感じなのかな。木造ならまだましな感じもするが。

 

田舎で静かに暮らしたいと思う今日この頃であった。