ルツェルンで傾斜40度の登山列車に初乗車!〜バーゼル生活〜

こんにちは バーゼル博士です!

先週まで夏の暑さが和らいでいましたが、今週はかなり暑い日がまた続きました。 体はヘトヘトです。皆さん水分補給はしっかりとしましょうね。

今週は日本から母が来てくれたので休暇を貰ってショートトリップをしてきました。

今日はルツェルンに行った話です。

ルツェルンバーゼルから電車で約1時間のところにある街でスイスの観光地です。

切符は往復を買ってしまった方が便利かと思います。

こちらの切符はレシートよりも大きいです。 日本の切符は小さくてレシートの方が大きいのでそちらに慣れてますが、こちらは切符が大きく、さらにレシートと切符は同じ柄なので分かりにくく慣れるまで注意が必要です。 僕は一度切符の方を捨てて後でゴミ箱を漁ったことがあります笑

駅を降りるとすぐに湖が広がっております。

五分ほど歩くと木製橋に着きます。 橋の側面にはお花がたくさん飾られており綺麗でした。

そこから15分ほど歩くと瀕死のライオン像を見ることができます。

十字軍の兵士が力尽きて横になっている情景を表しているみたいです。厳かであると共に幻想的な雰囲気でした。ライオンの美しい毛並みや悲しげな表情が見事に彫刻されています。

この2箇所は歩いても楽々たどり着けるので周りの景色を眺めながら歩いて行くのもいいですよ。

次に我々はピラトゥース山へ向かいました! 駅から降りるとすぐに湖が見えるのでそちらに歩くとチケット売り場が見えます。そこで全てのチケットが一緒になったものを買えます。

船でAlpnachstadまで行き登山列車でPilatusの山頂まで、そこからロープウェイとゴンドラでKriensまで下りバスでルツェルン中央駅まで帰ってくる周遊ルートのチケットが欲しいと伝えると上のチケットが買えます。 船は二等車の利用ですが約一万円でこの周遊チケットが手に入ります。またトラベルハーフパスを持っていると5千円で手に入るので安いですね!

行程はこんな感じです。

時間が来たら船の乗り場でチケットを見せると中に入れます。

船から見えるのがピラトゥース山です。約50分程でAlpnachstadに着きます。船を降りたら持っているチケットを見せると登山鉄道の整理券とバーコードが入ったこちらの券を渡されます。

この券はピラトゥース山を降りるときも使うので捨てないでくださいね!

そして念願の登山鉄道です! 約30分の列車旅です。

途中で放牧されてる牛さんたちをみることもできます。

カメラの準備をお忘れなく!

頂上に着くと絶景が広がっています。 ヨーデルを歌っているおじさんがいてスイスって感じでした🇨🇭。

ここでご飯も食べられるのでサンドイッチなどは持参しなくても大丈夫だと思います。

頂上からはロープウェイとゴンドラで下山しました。 動画しかなかったので写真は載せられませんでした。

Kriensまで着くと最寄りのバス停でルツェルン中央駅まで帰れます。

これで周遊コース完全制覇です! 1日で回れるのでスイスに来た際はルツェルンもいかがでしょうか!

では今日はこの辺で

Have a good day !